山とスキーの楽しい週末
プロフィール

ずんどこ

Author:ずんどこ
モンブランクラブ期待(?!)の若手ホープ
最近は嫁さんをもらい、最近おとなし気味。。



サイト記載内容に関する注意

このサイト内記載の情報に関して、行動及び結果を含め当方は一切の責任を負いません。 あくまでも自己責任の下ご活用ください。 山では"怪我と弁当は自分もち"ですから。



FC2ブログランキング

ブログランキング投票してね。

FC2ブログランキング

↑クリック!!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Fonネットワーク

Join the FON movement!
参加型ソーシャルネットワーク
私ブログ管理人もFoneroです。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



アクセスカウンター



アマゾン



全図解 クライミングテクニック

モンブランクラブ会員の堤信夫さんの著書です。

私のクライミングバイブルです。



全図解レスキューテクニック 初級編

もういっちょ これも堤さんです。

救助方法に関しては恐らくこれ以上は無いと思います。



ジャヌー北壁

モンブランクラブ深田さんの若かれし頃の登山記です。(登場人物として)

今では想像できないくらい過酷な登山だったみたいです。



青春を山に賭けて

植村直己さんの本はほとんど全て読みましたがこの本が一番好きです。

植村直己さんはお会いした事は勿論無いのですが、いつもモンブランクラブのおじさん達から話を聞いているせいか、とても身近に感じる人なのです。 今生きてたら色々話を聞いてみたいですね。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々の鼻毛石
久々に鼻毛石を拝んで来ました。

立派な鼻毛が生えますようにと・・・

今日の鼻毛石も何時もと変わらず、、、、
ただただ、そこにいます。

hanage.jpg
<一見何の変哲の無い鼻毛石。>

しかし。。。

立派な鼻毛を拝もうと、向かって裏側にある鼻毛をのぞいた瞬間。

何と無い・・・・・っ!!!

あのモッサモッサした鼻毛が綺麗に消えている。

hanage2.jpg
<分かりにくいが鼻毛がないのさ。>

鼻毛が無ければただの石じゃん。

どうしたんだろう・・・心配になり石の周りをウロウロしていたら、近所のおじさんがこちらをじっと不審そうに見ている。。。。

決して私は不審者ではないと心の中で訴えながらも、しかし普通に見たら変だよな、と妙に納得。。。。

夏になったら立派な鼻毛が生えるのだろうか。
また立ち寄ろう。

スポンサーサイト

発見!! 鼻毛石
以前より追跡調査をしてきた鼻毛石にとうとう対面することが出来ました。

永年の弛まない追跡調査と研究・努力の賜物です。。
ついに対面できたのです。  あまりの感動につい・・・・

群馬県宮城村の鼻毛石の交差点から東へ約300mほど進むと左方向へ緩くカーブが始まるのですが、そこに一本脇へ向かって伸びていく不審な道を発見。。。。意を決して潜入してみると、なんとそこには鼻毛石の威風堂々とした御姿が・・・
とうとうやり遂げました。 (涙)

DSCF0076_01.jpg
<永年追い求めてきた 鼻毛石・・・>

DSCF0083_01.jpg
<もういっちょ 後ろからです。>

この鼻毛石は話によるとその昔赤城山がまだ活火山だった頃、噴火とともにこの場所まで飛んできたそうです。また、目の前で見ると意外にもでっかく幅は3mほどあり、赤城山からも結構距離があるので単純にすごいのです。
また、正確には"鼻石"と言うのが正しいそうで、なぜ鼻なのか、また鼻毛なのか・・・・・その謎は現地で詳細調査をした結果判明しました。

DSCF0084_01.jpg
<見事にすばらしい鼻毛・・・・>

衝撃の事実、、、生えてました。
鼻石のある個所に二つの穴が空いており、また、そこにはコケが生息し、それは誰が何と言おうと、誰が見ても鼻毛そのものです・・
やっぱり鼻毛だったんです。だから地元では丁重に祭られていたのです。
ただ・・・  どんなご利益があるのやら・・・

DSCF0088_01.jpg
<どんな意味があるのだろうか・・・・>

鼻石中央部の明らかに人工的なへこみがあったり、
まだまだ謎は多いのです。

さらに調査は続けます・・・・・と思う・・




鼻毛石第2弾
前々から気になっていた鼻毛石の現地調査にとうとう
踏み切りました。
今回は気合で鼻毛石の交差点を中心に車で徐行しながら周りを捜索。
地図で見ても鼻毛石の交差点はT字路の為とても単純な道だったし、また、その他側道もあまりなさそうなのですぐに見つかるかと思いきや・・・・・・

結果は鼻毛石たるもの発見できず。。。。(涙)あ~あ

神秘的な神の領域には簡単に近寄れないって事でしょうか??
または気合が足りない??
地元の人が歩いていたら聞いてみようかと思いましたが、
誰も歩いてなく、、わざわざ近所のお宅に尋ねるのもどうかと・・
恥ずかしいからね。"鼻毛石ってどこですか?"なんて。

出直します。さらに場所等調査し、きっと次回は鼻毛石にご対面
出来ると信じて・・




鼻毛石????
冬になると毎週のように車で通過する不思議な地名・・・
群馬のとある場所に実在する変わった地名
その名も 鼻毛石!!


なぜこんな名前なのだろう、他には無かったのだろうか??
名付けた人のあまりのセンス良さに心を打たれました。。(笑)

きっと鼻毛の生える奇石があり、地元では大切に祭られている事
でしょう。
とてもくだらないとは思いますが、追跡調査を開始します。
結果は近いうちに・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。