山とスキーの楽しい週末
プロフィール

ずんどこ

Author:ずんどこ
モンブランクラブ期待(?!)の若手ホープ
最近は嫁さんをもらい、最近おとなし気味。。



サイト記載内容に関する注意

このサイト内記載の情報に関して、行動及び結果を含め当方は一切の責任を負いません。 あくまでも自己責任の下ご活用ください。 山では"怪我と弁当は自分もち"ですから。



FC2ブログランキング

ブログランキング投票してね。

FC2ブログランキング

↑クリック!!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Fonネットワーク

Join the FON movement!
参加型ソーシャルネットワーク
私ブログ管理人もFoneroです。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



アクセスカウンター



アマゾン



全図解 クライミングテクニック

モンブランクラブ会員の堤信夫さんの著書です。

私のクライミングバイブルです。



全図解レスキューテクニック 初級編

もういっちょ これも堤さんです。

救助方法に関しては恐らくこれ以上は無いと思います。



ジャヌー北壁

モンブランクラブ深田さんの若かれし頃の登山記です。(登場人物として)

今では想像できないくらい過酷な登山だったみたいです。



青春を山に賭けて

植村直己さんの本はほとんど全て読みましたがこの本が一番好きです。

植村直己さんはお会いした事は勿論無いのですが、いつもモンブランクラブのおじさん達から話を聞いているせいか、とても身近に感じる人なのです。 今生きてたら色々話を聞いてみたいですね。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひこうきオタク
ちょっと前の話ですが、11月上旬に埼玉県入間市にある航空自衛隊の航空祭に
行って来ました。。

目当ては、勿論ブルーインパルスの展示飛行。

実は子供の頃から一度でいいから目の前でジェット機の曲芸飛行を見て見たかった
のです。
それが、なんと、家から一時間くらいのところにある入間の自衛隊基地で航空祭が開かれ、
ブルーインパルスが来るというのではないですか。

何とか嫁さんを説得し、見に行ってきました。

抜けるような青空のもと、最高のコンディションで見ることが出来ました。

blueimpulse1.jpg

<ブルーインパルスの美しい機体、恐ろしいくらいの人ごみで近づくのもやっとです>

この日は来場者数発表値で、約20万人!!
ディズニーランドなんて目じゃないです。

待つこと一時間。ようやくブルーインパルスが飛び立ち航空ショーが始まりました。
離陸と同時に大きく旋回し観客の頭上すれすれを猛スピードで飛びぬけて行きます。
ものすごい迫力に圧倒されます。いきなりハイテンション。

blueimpulse3.jpg
<かなりの低空をハイスピードで駆け抜けます。しかも機体がぶつかりそうな位くっついてます>

blueimpulse2.jpg
<天に駆け上り、微塵のブレもなく美しい曲線を描いてきます。ただただ唖然>


blueimpulse4.jpg
<本当にかっこいいです。40分くらいのショーですが、あっと言う間に終わってしまいました>

おまけ・・・
blueimpulse5.jpg
<F15戦闘機です、初めて見ました。子供の頃このプラモデルを作った事があります。>



この迫力は動画では一切伝わりません。実際に見ないと分からないと思います。
ジェット機の排気音って耳ではなく、体で聞く音だと思います。
空気を切り裂く鋭い音により、アドレナリンが出てくるのが良く分かります。

また是非来年も見に行きたいですね。。。








スポンサーサイト

カウントダウン
まったく山にもスキーにも行ってません・・・・・・


独身生活も今日を入れてあと4日・・・・

シングルライフを謳歌しなくては、と思いつつ、まだまだやらなくては
いけない事が山積です。

色々決めるのは、想像以上に大変だったです。
私も彼女も仕事を持っているため、交友関係への挨拶だけでも
大変でした。。。
勿論、お義父さんに挨拶に行き・・・(すんごい緊張した・・)
住むところを決めて・・・・
山岳会の月例会で発表し・・・
色々買い物をし・・・・ などなど・・
でも、まだ冷蔵庫と洗濯機を買ってないのです(汗)、機種は決めたので後は
買うだけでなんだけどね。。
ビックカメラは当日配送もあるって言うから、、と、安心しきっているけど、この
余裕が危なかったりするんだよね、きっと。

引越しの準備なんてほとんど手をつけてない・・
本当に大丈夫だろうか?

もうひと頑張りです。。






緑風荘
2月上旬に行った岩手県の緑風荘です・・・・

まずは正面玄関。
テレビでもたまに出てくる所ですよね。

2008030405.jpg
<緑風荘の正面玄関>

ここが一応正面玄関です。
ただ座敷わらしのでると言われる、えんじゅの間のあるところはここではなく、
離れたところに別棟であります。ここはとても古い建物で、伝統的な東北
の建物だそうです。

2008030404.jpg
<なんかいいでしょ?日本昔話(古い?)に出てきそうです。>

玄関から番頭さんに案内され迷路の様な廊下を進み、えんじゅの間に進みました。

2008030406.jpg
<えんじゅの間の前にある廊下。廊下が軋みます・・>

2008030401.jpg
<えんじゅの間。お供え物のおもちゃで溢れています。>

ここがえんじゅの間です。お供え物のおもちゃで溢れ、何だか少し気味が悪いです・・・・
ここで熟睡できるのはある意味で大物なのかも。。
隙間風がしっかり入り、換気は完璧。暖房を全開で炊いているけどとても寒かったです。。。
前回報告したようにここで不思議な夜を迎えることになったのです。。


2008030402.jpg
<オーブの写真です。掛け軸の左右に大小様々な円形のしみみたいなオーブが写っています。>
PC環境によってはとても見にくいかも・・・・
※クリックすると拡大します。

2008030403.jpg
<この屏風から出てくるらしい>
※クリックすると拡大します。同じく、

この屏風から出てくる事が多いそうです。
ちなみに背中を掴まれた時はこの屏風を背にして写真をとっていました・・・・・
うそみたいな話だよね・・
また、この屏風の写真内にも何箇所かオーブが写っています。。。

このようなオーブに関してはいろんな意見が飛び交っています。ただのレンズの汚れとか、
フラッシュに空気中の水蒸気が反射したとか・・・
しかし、ちょっと一言では説明しにくい事は実際にあるような気がします。
信じる信じないはそれぞれの個人に任せ、それぞれが感じたことを素直に信じれば良いような
気がしますね。。

決して僕はオカルト好きではないです。。。念のため。





座敷わらし
今年の2月上旬に岩手県金田一温泉にある宿「緑風荘」に父親と二人で泊まってきました。
ここは座敷わらしが出ると言う事でとても有名で、たまにテレビにも紹介されたりしています。

今回は座敷わらしが出ると言う「えんじゅの間」に泊まって来ました。予約待ち3年でした・・・

元々霊感など無いのでまったく何も起こらず帰る事になるのだろうと思っていましたが、
とても不思議な体験をしたので、報告します。

①入室後5分ほどした時、屏風を背に部屋内部を写真撮影していたところ、いきなり後ろから
背中を捉まれました。とてもリアルな感触でした。(人の手の感覚です。)

②人生初めての金縛り体験。
とても怖かったです。座敷わらしに対してと言うより、自分が動けない事に対しての怖さですが・・
最初部屋の内部でラップ現象(バチバチと音がする事)が始り、かなり大きな音が部屋中の
至る所で始まりました。

次に、上から大きな重りでギューっと押さえ付けられるような感覚から始まり、その後、
耳元で何かの雑音が聞こえた瞬間に全身を包み込まれるような金縛りが始りました。
仰向けで寝ていたのですが、まったく身動きが取れなかったです。。

本当に動けないのですね・・・

座敷わらしさんが現れるとき金縛りに会うようですね、そのときはその予備知識が無く、
怖かった為ひたすら目を閉じてました・・・・(情けない・・・涙)

しばらく動けない状態が続き搾り出すように声を上げたら隣で寝ていた父親に
助けられるように起こされました。そうしたら急に金縛りが解け、楽になりました。。
ただ恐怖心から心臓がかなり高鳴っていたため、その晩は寝れないだろうと思ったものです。

その後は布団の中で目を閉じてじっとしていたら、最初となりの空き部屋で
畳をするような足音が聞こえ、そうしているうちに私の頭部のすぐ近くまで来て、
その足音が行ったりきたりするようになり・・・・
ただこの時は恐怖心は無く、ただただ不思議な感覚だけを感じていました。
途中何度も目を開けたけど残念ながらその姿は見ることが出来ませんでした。
しかし、何かの存在は強く感じることができ、そこに座敷わらしがいたのではないかと
思っています。
明け方前にいきなりすっと存在感が無くなったときがあり、不思議とその瞬間に
眠りにつく事が出来ました。

ただ、客観的に見ると何言っているんだって感じですよね・・・
金縛りって言っただけで大槻教授なら一蹴されそうです・・・・

③鳥の人形の鳴き声。
朝食事を済ませ、部屋に戻り荷物の整理をしていたら、いきなり飾ってあった
木製の鳥の人形が鳴き始めました。とてもびっくりしました。
勿論何も触っていません。不思議でした。

④オーブの写真
部屋の中を写真撮影しました。そうしたら何枚もの写真に白い斑点(オーブと言うらしい)
が写っていました。
現像に出した写真屋に聞いたところ、これは明らかに霊的なものでしょうと
教えてくれました。

元々あまりこの様な話は信じていなかったのですが、自分自身でかなり強く体験できた為
考え方が少し変わりました。またがんばって予約し、もう一度行きたいと思います。



初めての沖縄③
沖縄では昼間は一応真面目に観光しましたが、夜は飲んだっくれていました。。。
泡盛や黒糖焼酎、オリオンビールがおいしく。飲兵衛にはたまらないロケーションです。
飲み屋も安くて美味しい所がたくさんあり、本当に飲兵衛にはいい場所です。

ただ一応観光もしたので、簡単に紹介します。

①万座毛
2007113009.jpg
<超有名な万座毛の岬。修学旅行生が多く落ち着いて見れなかったです。>

②首里城(世界遺産)
2007113007.jpg
<城郭がとても立派でした。那覇市内ですが、落ち着いた雰囲気で良い所です。>

③今帰仁城跡(世界遺産)
2007113003.jpg

2007113004.jpg
<海が見える高台にあり、景色も綺麗です。>

④新原ビーチ
2007113010.jpg


余り観光してないかも・・・・・
殆ど飲んでいたようです。。

ちなみにこれは豚の足の料理”てびち”と言います。殆どがコラーゲンで出来ており、
なんともいえない食感です。。
2007113011.jpg

まあこう言う料理も本州では殆ど口にする事が出来ないから貴重な体験ですよね。




初めての沖縄②
沖縄に行くなら必ず行きたいところがありました。
それは美ら海水族館です。

黒潮の水槽は世界最大で、ジンベイザメやマンタ達が泳ぎ、
世界中でもここでしか見られないジンベイザメの餌付けが見れます。
毎日15時からこの餌付けが見えるので美ら海水族館に行くなら
お昼過ぎからが良いですね。
2007113001.jpg
<とにかくでかい水槽。ジンベイザメもでかいです。ちょっと感動>


ジンベイザメは餌を食べるとき水面に対して垂直になるそうです。
この姿を見れるのも美ら海水族館ならでは。
2007113002.jpg
<垂直になるとさらにでかさ倍増。待った甲斐がありました。>

ちなみにこの黒潮の水槽には簡単なカフェがあり、水槽を眺めながらお茶をする
事が出来ます。メニュー自体の特徴は無いですが、ロケーションは良いですよ。
お勧めです。






初めての沖縄①
初めて南の島に行って来ました・・・
今まで山しか出かけることが無く、長期休暇を取れれば必ず山、
それは国内外共通です。
しかし今回はいろいろな理由から(!?)沖縄に行くことになりました。
せっかく沖縄に行くのなら、観光だけで終わるのは惜しいので、
初めてのダイビングをしてきました。

那覇にあるダイビングショップにお世話になり、クルーザーに乗って
沖縄本島から約1時間ほど行ったところにある慶良間諸島付近まで
行き、そこでダイビングです。
ここは世界的にも透明度が高い所として有名で、世界中からダイバー
が集まるそうです。

今回は台風が直前まで発生しており、海が荒れていたせいで、
透明度は悪かったそうです。しかし僕らが潜る日は天候と海の
状況に恵まれ。殆ど凪状態。ここ最近では一番の状況だった
そうです。ちょっとラッキーでした。
また、本州の海しか知らない僕にとっては恐ろしくらいの透明度と、
青一色の世界はとても感動しました。

2007113006.jpg
<映画「グランブルー」の世界みたいでした。青一色の世界は感動です。>

東京は本格的に冬ですが、沖縄はまだまだ暖かく、薄手の長袖
のみですごせ、また、ダイビングをするにも通常のウェットスーツで
OKでした。

2007113008.jpg
<気分だけはジャック・マイヨールです。>

今回はダイビング2本楽しめました。
潜水時間は一本目で45分。二本目は35分で共に深さ10m前後。
とても楽しくあっという間に終わってしまいました。
水中から見る水面はきらきらと輝きとても神秘的でした・・・・・・

山だけでなくたまには海の中もいいものだと感じました。
真剣にまた潜りたいと思います。。




2008年
2008年明けましておめでとうございます。


会津旅行
今年も恒例の幕末を訪ねる会の旅行に行って来ました。
白虎隊の悲劇で有名な会津に9月16、17日の一泊二日
で行って来ました。
初日に鶴ヶ城、飯盛山、二日目に武家屋敷、日進館を見てきました。

2007091601.jpg
<鶴ヶ城です。再建されたお城なのでちょっと残念。>

2007091602.jpg
<武家屋敷です。立派すね。>

2007091603.jpg
<日進館の正門です。ここも再建されたものですが。とても立派です。>

2007091604.jpg
<日進館内にある日本で最初の水泳プールです。>

2007091605.jpg
<帰り道の途中で野口英世記念館に寄りました。英世の生家です。>

2007091606.jpg


今回もいつもの飲み屋の親父と内の会社の社長と無理やりつれてきた同僚の
男だけの旅行でした。
まあ女性がいないのも気を使う必要が無いので気楽と言えば気楽ですね。


再開します
しばらくの間仕事に、大学に、山に忙しく、ブログの更新を怠っていました。。。。

本日からまた再開します。

当分は過去の記録を整理し、載せて行きたいと思います。



南木曽バスツアー その2
南木曽バスツアー2日目は、今回の旅行のメインイベントである旧中山道のハイキングを行いました。

馬籠宿~妻籠宿の間約7キロを2時間半掛けて歩きました。昔は中山道といったら東海道と並ぶ日本の幹線道路です。今となってはただの山道みたいになってしまいましたが、昔は大勢の人達が行き交いしていたのでしょうね。

2007090202.jpg
<今回泊まった但馬屋から本日はスタート。>

しばらくは石畳の整備された道を進みます。その後一般的な山道に入り、ゆるいながらも上り坂が続きます。

一汗かいた所でようやく馬篭峠(標高801m)に到着します。ここからは快適なくだりになり、とても楽です。初めての山歩きには丁度良いかもしれません。


2007090203.jpg

<旧中山道途中には昔のお茶屋さんがあります。勿論現在は営業してませんが、文化財として保護されています。現在はこの一箇所しかないそうですが。昔は妻籠・馬篭間に7件のお茶屋さんがあったそうです。いかに旅人が多かったか想像つきますよね。>

しばらく歩くと変な看板を発見しました。

2007090201.jpg


忠犬といったらハチ公でしょうか??
やっぱり秋田犬でしょうかね。あったら無視してくださいとあるけど、犬好きとしては無視できないでしょう。きっと。
どっかに歩いていないか注意しながら進んだけど、結局ご対面は出来ませんでした。

旧中山道中盤には大きな滝が2つあります。男滝と女滝です。
滝つぼ間近まで近づく事ができます。

2007090204.jpg
<これが女滝。>


2007090205.jpg
<で、これが男滝。こちらのほうが迫力があります。>


2007090206.jpg
<途中にあった営業中のお茶屋さん。雰囲気ありますよね。>

急ぐことも無く、皆で話をしながら快適なハイキングを続けていくうちに目的地である妻籠に到着しました。
こちらの方が観光地化され、人の多さにびっくりします。馬篭は比較的ひっそりとしており個人的には馬篭の方が良かったかな?って感じですが、この人の多さは何だか京都に来たみたいでした。
ただし、妻籠もかなり町の保存に力を入れており、古い町並みはやはり日本的な美しさを残しておりました。


2007090207.jpg
<古い町並みが残ります。>


2007090208.jpg
<時代劇の一場面みたいですよね。浴衣着て歩くのもいいかも。>

今回は晴天に恵まれ、強い日差しにも関わらず湿度が低く意外と汗をかきませんでした。しかし今回は初めて山歩きをする人も多く、なれない人にはちょっと大変だったみたいです。

妻籠で一時間くらい観光したあと、近くの温泉に入りさっぱりした後東京に帰りました。

今回は本当に気分転換の旅でした。旧中山道のハイキングも意外と楽しかったです。山ではなく旧跡をたどりながらの山歩きも中々良いものですよ。
個人的には結構お勧めのコースです。




南木曽バスツアー その1
この週末は久々にバス旅行に行ってきました。

これはただのバス旅行ではなく、個人的な知り合いである、通訳会社のオーナーの方からのお誘いで、その会社の研修旅行に参加してきました。

この通訳会社の名は「(LCC)ル・クルブ・コスモポリット」http://www.leclubcosmopolite.com/index.html
といいます。主にフランス語通訳の会社なのですが、他にも英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語などマルチに活動しており、年々活動の幅を広げているため、今後の展開が楽しみです。

このLCCオーナーの篠崎さんとは会社設立前からの知り合いで、日本モンブランクラブのイベントで過去に何度かフランスよりお客さんをお招きしたした時には、あくまでも友人として来てもらい、そのままタダで通訳をしてもらった経緯がある為、僕個人としては頭の上がらない方なのです。

今回の目的地は南木曽。妻籠・馬篭の宿場町への旅です。実は僕は三河で生まれ、その後名古屋に引越しをしているのですが(現在千葉在住)南木曽は子供の頃よく行った思い出の詰まった場所なのです。

朝7:45に新宿を出発、お昼前には最初の目的地「奈良井宿」へ到着。

2007082701.jpg
<落ち着いた雰囲気の奈良井宿。いきなりタイムスリップしたかのよう>

知名度はあまり無いのですが、とても落ち着いた雰囲気の中で古い町並みがとても美しく、綺麗なところでした。

ここで昼食をとり(勿論信州そばを食べました)次に向かったのが、浦島太郎伝説の「寝覚ノ床」です。
2007082702.jpg
<幻想的な風景、不思議な場所です。>

ここはかの浦島太郎が玉手箱を開けてしまった場所で、一気に300歳になってしまった所なのです。その後太郎さんは余生をここで過ごしたそうです。

この「寝覚ノ床」のもう一つの目玉は、ずばり日本一の五平餅です。
そのお店の名は「中村食堂」
http://www.rock.sannet.ne.jp/gohei-nakamura/index.html

ここは僕が子供の頃よく通ったお店で、ここの五平餅は自称五平餅評論家して間違いなく日本一です。
個人的には浦島太郎より五平餅なのです。

あくまでも僕のリクエストだったのですが、バス一台分の人数で予約もしないでいきなり全員で駆けつけました。それでもちゃんと対応してくれ、美味しい五平餅を全員分焼いてくれました。
久しぶりの五平餅は本当に美味しかった・・・・10本はいけます。勿論別腹。

2007082703.jpg
<子供の頃と変わらないお店。懐かしかったです。>

2007082704.jpg
<これが日本一の五平餅。本当においしい、何本でもいけます。>

その後、桃介橋を見学し、本日の宿泊場所である「馬篭」に到着。
ここも本当に江戸時代にタイムスリップしたかの様なとても伝統美に溢れる場所です。

2007082707.jpg
<日本の伝統的な美しさです。とても落ち着きます>

本日の宿泊先は「但馬屋」。昔の建物を利用した宿場町の正しいお宿です。

2007082705.jpg
<但馬屋の外観。いい雰囲気でしょ?>


2007082706.jpg
<夕食はこんな感じ。とても美味しかったです。>

夕食の後は皆でお酒を飲みながら、話が盛り上がり、ゆっくりとした時間が過ぎていきました。




ロッテマリーンズ
とても久しぶりに野球観戦に行ってきました。

以前家の近所に在るブジヂストン系のタイヤ販売店「タイヤ館」にて新品タイヤを4本買ったところ、丁度キャンペーン中という事でマリンスタジアムでの観戦チケットが当たってしまいました。

試合はロッテマリーンズ対楽天イーグルス。
試合結果は1対0で、残念ながら地元のマリーンズが負けてしまいましたが、夏の夜風に吹かれながら、ビールを片手に野球観戦も中々良いものだと思いました。

2007080103.jpg
<1塁側内野席で、かなり前側のとてもいい席でした。>

実はこのロッテマリーンズ、私の地元のチームなのです。
マリンスタジアムも自転車ですぐにいける距離にあるのですが、何と入場したのは今回で2度目です。

テレビで野球観戦は滅多にしないのですが、スタジアムで観戦すると何故か力が入ってしまいます。
どうせなら、地元のチームに勝ってもらいたいですよね。




ETC
やっとこさETCをつけてみました。。。。

車の移動が非常に多く、でも殆ど高速を使わないで、ETCはいらないと思っていました。

しかし、首都高だけは良く利用します。都内を下道で抜けるのに必要な忍耐と、根性は持ち合わせていないので・・・
しかも、通行料がETCだと一律で安くなるんですね。。さらに今だと助成金がでるので、良い機種でも安く取り付けることが出来るのです。。

って事で三菱のETCを買ってきました。。

初期登録は指定業者しか出来ないので、そこはお任せ。
でも取り付け自体は自分でやりました。。

最初はカーオーディオのアクセサリー電源から電気を取ろうかと思ったけど、ちょっと面倒臭かったので
ヒューズボックスより電源をとって来ました。
アンテナは意外と取り付け位置がうるさいらしく、ちゃんとメジャーで計り取り付け。。
元々取り付けの予習をしていたので、作業時間は1時間位、結構簡単にできました。

後はテストのみ・・・

近所の有料道路「京葉道路」にてテスト。

テストって言っても本番運用です。

なにせ自分で取り付けたのですから。。。ゲートが開かなかったらどうしようとか、
ゲートを破損させると確かかなり高い金額請求されるはずとか、、とても不安にかられながらも、ゲートを通過・・・・

ゲートが開き、”料金は200円です”のアナウンス。
あっけなく通過・・・だけど

思わす声をあげてしまうほどの感動・・・・

子供の頃に作ったラジオから初めて音声が流れて時と同じ位の感動です。(ようわからんが・・・)
一人で運転していたので、この喜びを分かち合ってくれる人がいないのがとても残念。

もう一度ゲートを通過してみたく、そのまま首都高へ・・

今日も無駄なドライブをしてしまった・・・・





千葉県国際総合水泳場
千葉県国際総合水泳場

週末に山かスキーに行かない時には、本当に良く来る場所の一つです。
最低でも週一回は体を動かさないと気持ち悪いのです。


main_02.jpg
<本当に最高の設備>



国際競技会を行う前提で作られた、日本でも有数の水泳場です。
メインプールは国際規格に則り、50m×25mで、深さ2mの8コースあります。水質も恐ろしいくらい良く、
水中では50m先のラインもくっきり見える位澄んでいます。

でも、場所が悪すぎ・・・・
JRの京葉線の新習志野駅の近くだけど、元々京葉線って言うだけでアクセスが悪いのです・・・
これほどの設備なのにとてももったいないのです。。
経営もやはり難しいらしく、何度も経営母体が変わっています。

水泳とは長い付き合いで、、部活を通じ小学生からの付き合いです。体に負担が少なく、
長時間の運動ができ、頭の中を空っぽに出来る、最高のトレーニングです。
また、一時期は激しく水泳をやっていたこともあり、輝かしき青春の一ページです(古い?)。

とにかく最高の設備なのに利用者が少ない。スイマーにとっては最高の場所です。






皇居散歩
先週の週末日曜はまじめに一日図書館に詰めてました。(国会図書館)
といっても夕方5時に閉館になるので、それからは自分の時間にしています。

時間も早い為また、散歩する事にしました。
ルートは今回も、、、
国会議事堂→皇居→東京駅→銀座です。

2007060704.jpg
<国会議事堂です・・・まじまじ見るのは修学旅行ぶり。>

2007060701.jpg
<皇居のお堀。江戸城址です。それにしても立派です。>

桜田門です。
幕末大老井伊直弼が尊攘派の水戸藩士らに斬られた。あの有名な事件の舞台。(桜田門外の変)
独断で外交を進めた井伊に対する反発で、幕末騒乱の始まりです。斬られたのは門に入る直前というから、丁度すぐそこで事件は起きたのです。(のはず・・・)
2007060702.jpg
<今と幕末とでは違うのでしょうけどね。。>

2007060703.jpg
<皇居から見た丸の内、綺麗な東京です。>

皇居周辺は散歩するには丁度いい場所です。



アントニオ猪木
池袋にあるアントニオ猪木のお店に行って来ました。

以前より存在は知っていたものの入店する勇気がなく、今回までかかってしまいました。

お店の入り口には猪木の等身大人形がお出迎え。
入店と共にゴングを鳴らしてくれます。

2007052501.jpg
<店内は意外と開放感があり、中央にはリングがあります。。>

とにかく全てが猪木です・・・・
往年の猪木の映像がそこらじゅうで流れ、猪木パネルや、猪木グッズに溢れています。

メニューを見ても、闘魂なんたらとか文字を見ただけではなんだか想像つきません。ただ料理の写真がちゃんと貼られているので絵をみて注文です。。。。ある意味外国に来た気分です。
肝心の味のほうは、これが意外にもおいしかったです。
あまり期待していなかったけど、これは本当に意外でした。

2007052502.jpg
<メニュー表紙はやはり猪木・・・>

元気があれば、何でも飲める・・・
元気があれば、何でも食える・・・
一歩踏み出せば、道になる。
一歩踏み出せば、道が出来る。
・・・・・

店内のいたる所に猪木スローガンが書かれており、洗脳されそうです。

元気があれば何でもできる。。

染まりそうで怖い・・・

アントニオ猪木酒場(サケバーと発音らしい。)
因みにお店のURLはこちら・・・・
http://www.g-com.jp/inokifoodsbusiness/

とんでもなく下らない所が気に入りました。



たこやき
先週の週末、生まれて初めてたこ焼きを焼きました。
ただ焼いたのではなく、プロとして焼きました。。

東京都葛西にて、毎年恒例のお祭り、”フラワーフェスティバル”のイベントの一環として、葛西にあるボランティア団体「葛西さざなみ会」により、たこ焼きのお店を出すことになり、今回はそのお手伝いでした。

DSC00198.jpg
<もうすぐ完成。。因みに私の手です。>

人のを見てるととても簡単に見えるけど、実際やってみるとこれが難しいのです、、、なかなかひっくり返らず何度も焦がしてしまいました。。

途中何杯も、どこからかビールが回ってきて、、、、酔っ払いながらも何とかお昼過ぎには一人で作れる状態に・・・

たこ焼きプレートに、油を引き、玉ねぎを入れ・・・後は秘伝のレシピに従い手際よく、せっせと、たこ焼き作り・・・・・結構忙しいのです、他に気を使う余裕は全くなし・・

初めてだった事も手伝い、一日が一瞬で過ぎてしまいました。

今日はお客さんも多く、常に大行列。

とにかくお疲れ様でした。。。。

因みに葛西さざなみ会のURLは
http://homepage3.nifty.com/k-sazanami/
です。
ちゃんとしたボランティアの団体で、年齢層は私の父親位の人が殆どですが、日ごろから動いているせいか、見た目はとても若く、前向きな人達なので、話をしていてとても楽しかったです。

また、近いうちにたこ焼きを焼くことになるでしょう・・・

新しい特技の開拓かな。。



悲しい瞬間・・・・・
家の近所の洋服屋・・・

悲しい瞬間。。。。

2007050902.jpg
<クリックして拡大。>


誰も教えてあげないのね・・・・・




ロッキー・ザ・ファイナル
昨日映画を見てきました。

タイトルは、「ロッキー・ザ・ファイナル」。

ロッキーシリーズは昔から大好きで、全作見てます。
勿論フィクションですが、あのロッキーの真っ直ぐで、前向きな姿勢は、見ていてるだけで、とても勇気つけられます。

今回も今まで同様の物語展開。

しかし、今までとは大きく違う点が一つ。

50歳を越えたロッキー(スタローン)の体。
驚異的です。

さすがハリウッドスター。かなり気合を入れて体を作ったのでしょう。

あと、忘れられない場面は・・・
年老いたロッキーの復帰試合に、猛反対する息子に対しての叱咤のセリフ。
鳥肌が立ちました。。。

やっぱりロッキーは、いつ見てもかっこいいです。

追い込まれようが、常に前向きに前進してく。
本当の勇気を持てる人になりたいと、思える映画でした。


最後に、今回学割入場券購入デビューでした。。。。。。

2007050503.jpg
<証拠写真です・・・・>

なぜかチケット買うのに恐ろしく緊張しました。。。。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。