山とスキーの楽しい週末
プロフィール

ずんどこ

Author:ずんどこ
モンブランクラブ期待(?!)の若手ホープ
最近は嫁さんをもらい、最近おとなし気味。。



サイト記載内容に関する注意

このサイト内記載の情報に関して、行動及び結果を含め当方は一切の責任を負いません。 あくまでも自己責任の下ご活用ください。 山では"怪我と弁当は自分もち"ですから。



FC2ブログランキング

ブログランキング投票してね。

FC2ブログランキング

↑クリック!!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Fonネットワーク

Join the FON movement!
参加型ソーシャルネットワーク
私ブログ管理人もFoneroです。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



アクセスカウンター



アマゾン



全図解 クライミングテクニック

モンブランクラブ会員の堤信夫さんの著書です。

私のクライミングバイブルです。



全図解レスキューテクニック 初級編

もういっちょ これも堤さんです。

救助方法に関しては恐らくこれ以上は無いと思います。



ジャヌー北壁

モンブランクラブ深田さんの若かれし頃の登山記です。(登場人物として)

今では想像できないくらい過酷な登山だったみたいです。



青春を山に賭けて

植村直己さんの本はほとんど全て読みましたがこの本が一番好きです。

植村直己さんはお会いした事は勿論無いのですが、いつもモンブランクラブのおじさん達から話を聞いているせいか、とても身近に感じる人なのです。 今生きてたら色々話を聞いてみたいですね。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アサマ 2000 スキーパーク
今週末は長野県と群馬県との県境浅間山の近くにあるアサマ2000スキーパークに行ってきました。

このスキー場は以前から一度行って見ようと思いつつも、比較的遠い割には規模があまり大きくないため二の足を踏んでいたスキー場なのです。
ただ、私のスキーの先輩であり、友人でもある中学校の先生をやっているYさんのお勧めのスキー場なので、今回行ってみる事に。

軽井沢から林道を上がって行くのですが、日本のスキー場で2番目に標高の高いスキー場だそうで、相当林道を進みます。今年は雪が少なく路面の状況は良かったですが、大雪のときは注意が必要になりそうな道です。

asama2000.jpg
<素晴らしく広く、フラットな中斜面が多いのが特徴。かっ飛ばすには最高>

今日の天気は晴れ、気温マイナス5度、意外と気温は標高の割には高め、しかし雪質はハードに固められた圧雪(一部アイスバーン)。滑走性は非常に高く、スキーは最高に走りました。ターンする度に加速するかの様です。スキー場の雰囲気もとても開放的で明るく、非常に気持ち良いです。
しかし、アサマ2000と言う名前から浅間山が見えるかと思いきや黒斑山の影に隠れて見えず・・・・ちょっと残念でした。

今日はこのスキー場でクラウン・テクニカルプライズの検定が行われており、コースの一部が一時期規制されるなど、少し不満はありましたが、プライズ検定が開催されるだけあり、スキーヤーの平均技術レベルは高く、おかげでまた気合の入った一日になってしまいました。

コースの幅は広く、フラットで、斜度も20度前後のすっ飛ばすには最高のスキー場です。不整地はあまり無いけどそれを上回る快適なスキーが出来ます。

asama20002.jpg
<とても開放感あり。奥に黒斑山が見えます。浅間山はその背後にあるはず>


あと、ここではポールが常設されており一日の使用料1,000円は支払えば誰でも滑走することが出来きます。セットは終日リーゼンスラローム(大回転)午後にはセットの張替えもあるようです。癖の無い素直なセットでした。
ただし、参加するにはヘルメットの着用義務があるそうです。持っていない人はレンタルも可能(1,000円)です。
次回来たときには久しぶりにくぐって見ようかと思います。相方がいれば久しぶりにカッコいい姿を見せれるかも。。。。なんてね。

今シーズンもう一度は来たいスキー場です。とても気に入りました。



スポンサーサイト

NASPAスキーガーデン
今週末は湯沢のNASPAスキーガーデンに行ってきました。

このスキー場はあの有名なホテルニューオータニが経営しており(勿論ホテルも)どちらかと言うとホテルライフがメインのスキー場みたいです。

naspa2.jpg
<やっぱりニューオータニ。桁違いに立派なスキー場のホテルです。>


また、このスキー場は今では数少なくなったスキーヤー専用スキー場でもあります。今回はただその専用ゲレンデと言う事だけで行って見る事にしました。

naspa1.jpg
<ゲレンデ山頂からホテル方面を望む、遠くに巻機山が見えます。>

今日の積雪は発表では100cmコースマップでは不整地(コブ)を含む急斜面が2面、中斜面が2面、他初心者コースの構成。小さい規模のスキー場ながら急斜面が2面もあればいいかと、いざゲレンデへ勇んで出てみると・・・
本当に急なところは少しなのですね。。。
発表では38度の急斜面。でも距離が短くもう少し、ほんの少しで良いから距離がほしい・・・
このスキー場は湯沢エリアではかなり新しいスキー場で、開設当時は既に森林環境問題が社会問題になり始めた頃。
仕方ないのかもしれませんね。

でも、久しぶりにスキーヤーだけで作られたコブ斜面を滑りました。
ボーダーが沢山入るコブ斜面では、どうしてもコブの頭と下部が削られた階段状のコブになり、スキーではリズムがとても取りにくいコブになるのですが、今回のコブは見事なひし形の綺麗なコブ。とても気持ちよく滑れました・・・・(でも距離が・・・・)

中斜面は気持ちよく飛ばすには程よい傾斜。でも、でも、ここでもやはり距離がもう少しで良いから欲しいところ。気持ちよくスピードに乗って来た所で終了。

急斜面も中斜面もあと100mあったらとても満足なのですが・・


このスキー場はガンガン滑るスキーヤーを対象にしているのでは無く、あくまでもホテルライフとあわせて、ゆったりと滑る人を対象にしているのだと思います。その視線からみればとてもよいスキー場。コース整備もしっかりしているし、社員教育も行き届いてました。

次回来るときは、是非このニューオータニに泊まってみたいです。
優雅なスキー・・・・なんてね。

ラーメン桐生・スタミナラーメン
スキーや山の帰りにたまに寄るラーメン屋が群馬県桐生市にあります。。
その名もずばり ”ラーメン桐生”

そのままです。。。。

お目当てはここのスタミナラーメン(840円)です。

RamenKiryu.jpg
<すり鉢見たいにでかい器で出てきます。かなりのボリューム>


正真正銘のスタミナラーメンで、醤油ベースのスープと太め手打ち麺に、豚肉、ニラ、ニンニク、その他沢山の野菜が自家製あんかけと一緒に入っています。
特ににんにくの量がすごく、丸ごとごっそり入っており、とってもおいしいのです。

ただ・・・

当日および翌日は人に会うことが出来なくなってしまいます。。(笑)


特に帰宅時には体が疲れている事が多いので、とても食べたくなります。もし、桐生市方面に行くことがあれば一度立ち寄って見ることをお勧めします。

場所は、国道50線、岩宿交差点近く(桐生競艇場近く)で、赤い看板が目印です。



加山雄三・キャプテンコースト
湯沢エリアにはあの加山雄三のスキー場があります。
その名も ”加山キャプテンコースト”

湯沢の町には若大将の笑顔がそこらじゅうにあります。

kayamaYuzo.jpg
<この看板は始めて見た時とても衝撃的でした。ファンでもどうなんだろう・・・・・?>

関越自動車道湯沢インターから若大将の笑顔を追ってくるとそのままスキー場までいける仕組みです。
今日は休息日なので、若大将の笑顔につられキャプテンコーストを見学してきました。


Kayama_Captain.jpg


コースは上級コースと初中級コースの二本。すっきりとしたレイアウトです。
ただ・・
このスキー場に辿り着くためには中里スキー場、岩原スキー場、湯沢パークスキー場などの前を通過しなくてはいけなく、他のスキー場への誘惑に負けない強い意思が必要です。
まあ、誘惑に負けそうになったら若大将の笑顔を見れば大丈夫でしょう。。(笑)

このスキー場がオープンしたとき確かゲレンデベースにヨットがあると言う噂を聞いた記憶がありますが、今回探したけどそれらしいものは無かったです。。管理が大変なのでしょうか?
また、スキーセンターにはここでしか手に入らないオリジナル限定加山グッズも手に入るそうな。。

また、このスキー場を開設するに当たり、森林伐採はせず全ての木を移植したそうです。ここら辺はさすが若大将。

湯沢では異色のスキー場ですが、ある意味、若大将ファンにはいい遊び場所かもしれませんね。





六日町八海山スキー場
今回のスキー旅行最後は新潟県六日町の、別名 ”スキー道場” 六日町八海山スキー場です。

とても好きなスキー場の一つです。急斜面から中斜面のバリエーションがあり、それほど大きなスキー場ではないけど一日楽しめるスキー場です。また、とても硬派なスキー場で、まじめに練習しに来るスキーヤー達が多いのも特徴で、結果として他のスキー場より上手いスキーヤーが多いのも特徴です。

八海山スキースクールはかの有名な名門浦佐スキースクールの分家みたいなもので、やはりここもかなりコーチ陣の質がいいみたいです。現にここのレッスン目当てにこのスキー場に通っている人たちも多い見たいです。
余談ですが、このスキー場で初心者クラスのスキースクールは見たこと無いです。殆どが一般的な中上級クラスばかり見かけます。これも特徴かな。

今日は移動性高気圧に本州が覆われた関係で朝からまぶしいほどの晴天。雲ひとつ無い好天に恵まれました。


hakkaisan.jpg
<抜けるような青空・・・ ついてました。>

スキー場最上部からの眺めはとてもすばらしく、巻機山、谷川岳(一部)、苗場、妙高・白馬方面まで一望でき、大げさではなくそれこそ海外のスキー場にも匹敵するほどの展望も楽しめました。

hakkaisan3.jpg
<携帯のカメラで撮ったのが少し残念。最高に素晴らしい景色です。>

本日のゲレンデコンディションはスキー場中間部にある(ダウンヒルコース)急斜面が積雪不足で石、ブッシュが出ている以外意外と良好でした。
雪質は午前中放射冷却の影響からアイスバーン、お昼前からは緩み午後はシャーベット状。今日も未だ膝が少し腫れているので雪が硬い内はゆっくりすべり、調子が出てきたのはやはりお昼前くらいから・・・

スキー場上部には3本不整地斜面(コブ)があり、最初は滑る予定は無かったのですが(膝の具合から)見ている内にどうしても滑りたくなり、結局10本ほど行ってしまいました。
さすがスキー道場。煽られるオーラが充満しています。
不整地斜面には行ってはいけないのは頭では良く分かっていてるつもりでも、体が勝手に行ってしまう。結果として膝が更に腫れ、後で痛い思いをする。。。。。
このアホさ加減がいい加減自分でも情けなくなります。。。。
もう少し自分の体をいたわらないとね。

最高に気合と根性の入った一日でした。


上信越スキー旅行 休日編
昨日の戸狩温泉スキー場では気合入れて殆ど休憩も取らず朝一番から最後まですべり通したら、持病の膝に水がたまって腫れてしまいました。。
仕方ないので、今日は移動日および休憩の日にしました。戸狩温泉から新潟県湯沢・塩沢方面へ焼く1時間半の移動です。

午前中はゆっくりしお昼前から移動。丁度昼食時に湯沢に到着。

って言うことは。。。。。。。

いつもの豚カツ屋に行くしかないよね。

JR越後湯沢駅近く、湯沢高原ロープウェイ乗り場前にある豚カツ屋その名も知れた "人参亭" へ。。。


ninjintei.jpg
<ロープウェイ乗り場を目指せばすぐに分かります。>



今日は平日(1月4日)で一般的には仕事始め、湯沢の町も落ちついており、ここ人参亭も並ばずすぐに席に案内してくれました。

今日のオーダーは ”特大カツ定食 (1,575円)”

katsu.jpg



いつきてもここの豚カツは本当においしい。。。
カツにかけるソースも、キャベツにかけるドレッシングも恐らくオリジナル。とてもおいしい。
ご飯もつやがあり、いいお米を使っているんだと思います。

さすがに特大にしたら少し食べ過ぎました・・・・

ここのメニューでカツカレーがあります。。。
いつか食べてみようと思います。





戸狩温泉スキー場
今回のスキー旅行3番目のスキー場は戸狩温泉スキー場です。

このスキー場は初めてではなく、実は中学時代にスキー合宿で利用したことがあるのですが、当時は厳しい合宿で指定コース以外は滑走できず、また、あまり自分の時間が無いため、スキー場全体をすべる事は無かったのです。今回は斑尾高原スキー場のすぐ近くとの地理的にも恵まれているので寄ってみることに・・・・

togari.jpg
<遠くに野沢温泉スキー場が見えます。コースコンディションは思ったより良好>

積雪情報は70CM。昨日の斑尾が130CMだからさぞひどい状況かと思いきや、想像以上にというか結構コンディションは良好。ところどころブッシュは出ているが気をつければ大丈夫な範囲。。
積雪情報はあまりあてにならないよね。第一何処で計測しているかも分からないし。。。

このスキー場の特徴はとにかく長くて広い中斜面が多く、気持ちよくかっ飛ばせまます。。急斜面も3本ほどあり、一番急なところで傾斜40度(ラビットコース)しかも本日滑走可能。感覚的には本当に40度あるのって感じだけど今シーズン初の急斜面はとても楽しかったです。

あと、やっぱりと言うか地元のJrレーシングチームがポールを張っており。ちびっ子たちの一生懸命な練習を見ていると何となく懐かしい気持ちに・・・・
Jr達に刺激されてか予定以上にスキーを張り切ってしまいました・・・
持病の膝を痛めてしまい。水がたまってしまいました・・(張り切ると何時もこうなるんです。そろそろ年を考えないとね。)

本当に楽しく、気合の入った一日でした。




斑尾高原スキー場
斑尾スキー場は上信越エリアではとても有名なスキー場で、フリースタイルの国際大会等も開かれるモーグラー(古い??)たちの聖地です。
ただ、バブル期ではこの斑尾(まだらお)スキー場の別名が淫ら尾(みだらお)スキー場といわれたナンパ(これも古い?)のメッカだったらしいです。(って言うかイメージ先行で、現実はどうだったかは不明。勝手なイメージでごめんなさい。)
そのような事から個人的にはあまり良いイメージはなく、何となく遠ざかっていたのですが、今年はいい機会だからといってみることに。。

到着してゲレンデを見た瞬間 ”雪無いじゃん・・・・・!!” 
発表では積雪130CM。(因みに近辺スキー場はすべて50CM~70CMだった。)念のためにインフォメーションに電話でゲレンデ状況を聞いてみると ”一部上級者コースのみ積雪不良のためクローズ・他コースは滑走に問題なし” だそうな。。。
ここはあてにならないので、近くのスキースクールのスタッフに直接聞いてみると。”下部初中級コースは以外と大丈夫・上部へは行っては駄目”だそうな。。やはりゲレンデ状況は現場の人間に聞くのが一番かもね。

コースレイアウトはスキー場上部に行くほど上級者コースになると言う意外とすっきりしたレイアウト、コースもまあまあ良かった。。
しかし、浮き石もところどころにあり、気を抜けない状態。現に二箇所滑走面に傷をつけてしまいました。。。
私のような古めの考えを持ったスキーヤーにとってエッジや滑走面の傷はとてもショックなのです。
(子供頃からかなりうるさくスキーを大切にするように教育された為)
また、午後からは濃霧の後何と雨が降り出す始末・・・・・・
せっかく来たからと根性で最後まですべり通したものの、全身ずぶ濡れ状態に。。。

天気がよく、積雪が充分あればとてもよいスキー場とおもいます。
今回はちょっと残念でした。。。。

後で気付いたけど、このスキー場では一枚も写真撮らなかった。。。
まあ、霧と雨で撮るものも無いと言えば無いけど・・・・




初詣
今年の初詣では長野市にある国宝・善光寺に行ってきました。
到着したのが元旦の夜7時55分。実はお参りできるのは夜8時までだったらしくぎりぎりセーフ・・
ちゃんとお参りし、しばらく参道をぶらぶら散歩しました。。
ここの初詣は実は二回目で、前回来た時は膝を怪我しており、相方に肩を借りて片足引きずりながらお参りしたと言う、今となっては楽しく良い思いでのあるところです。

このお寺自体とても立派なのですが、参道自体もとても趣きのあるいいところです。
次回は昼間にお参りに来たいですね。


sandou.jpg
<石畳の参道はとても趣の在る良いところです。>


峰の原高原スキー場
最初のスキー場は峰の原スキー場です。
どちらかと言うとマイナーなスキー場で、隣に菅平スキー場があるためどうしても足が遠のくスキー場です。
群馬県の渋川から長野へ抜ける国道292号線沿線でどこか一箇所と考えていたので、いろいろ考えたのですが、この峰の原スキー場に決めました。
本当は表万座スキー場にする予定だったのですが、今年から経営母体が変わり、スキー場一番上部パノラマコースが閉鎖になったのです。このコースは幅が広く、フラットな中斜面一枚バーンが二本も平行してあり、かっ飛ばすには本当に最高のコースだったのですが、ここが滑れないなら、行く必要がなくなってしまいました。


minenohara.jpg
<意外と綺麗な斜面・結構気に入りました。練習には本当にいいかも・・>


スキー場ベースを中心にすり鉢状のスキー場はフラットな一枚バーンの中斜面が2本、急斜面が2本とスキー場の規模にも関わらず意外と充実しているのです。一本あたりの距離が短いと言うことはあるけど、まあ十分でしょう。残念ならがら今日は積雪が少ない理由から急斜面は滑れませんでした。。。

ゲレンデコンディションもまあまあで、また来たいスキー場です。



上信越スキー計画編
普段行くスキー場は主に水上・万座・湯沢方面なのです。理由としてはやはり近いからで、なかなか上信越方面には気軽にはいけません。
そこで今回のような長期休暇は出来るだけ普段行かないスキー場に行くようにしています。

そこで、今回のスキー場選びの当初の基準は以下の通り
①上信越もしくは新潟県塩沢町より北
②出来るだけ行ったことの無いところ
③複数のスキー場に行くため地図上にて一本筋が通ること
④シーズン最初のため一枚バーンの中斜面が充実していること。

そこで最初考えていたルートは・・・
一番目:峰の原高原
二番目:五輪高原
三番目:戸狩温泉
四番目:六日町八海山

しかし今年は例年以上の雪不足。二番目の五輪高原は積雪30CMとの事。
早速電話で聞いてみると”営業はするが、コンディション最悪・浮き石あり”との事。
積雪がある程度ある事と、地理的な都合を前提に他の候補を考えると。。
①志賀高原
②野沢温泉
③黒姫高原
④斑尾高原
志賀高原は過去にも良く行ったのでパス(中途半端な積雪の事もあり)。野沢温泉は混んだ時の煩雑具合がひどいのでパス・黒姫高原はゲレンデレイアウトがいまいちでパス。。。
消去法で残ったのが斑尾高原。。取り合えず積雪130CMとの発表なので二番目はここにすることに・・・
(個人的なイメージがあまり良くないので自分から行く事の無いスキー場と思っていた・・・・)

とにかく今年は雪が少ない。。
100CM以上の積雪を発表しているスキー場は数えるほど。。
やっぱり温暖化の影響なのだろうか??



上信越へスキーに行ってきました
年末年始の休みを使い上信越地区へスキーに行き、只今帰ってきました。
2006年12月31日~2007年1月5日の6日間です。
天気予報の通り今年はひどい雪不足で、大切なスキーの滑走面に傷が複数付いてしまいました。。。

長時間の運転で疲れましたので今日はもう寝ます。
詳しくは明日から。。。。。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。