山とスキーの楽しい週末
プロフィール

ずんどこ

Author:ずんどこ
モンブランクラブ期待(?!)の若手ホープ
最近は嫁さんをもらい、最近おとなし気味。。



サイト記載内容に関する注意

このサイト内記載の情報に関して、行動及び結果を含め当方は一切の責任を負いません。 あくまでも自己責任の下ご活用ください。 山では"怪我と弁当は自分もち"ですから。



FC2ブログランキング

ブログランキング投票してね。

FC2ブログランキング

↑クリック!!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Fonネットワーク

Join the FON movement!
参加型ソーシャルネットワーク
私ブログ管理人もFoneroです。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



アクセスカウンター



アマゾン



全図解 クライミングテクニック

モンブランクラブ会員の堤信夫さんの著書です。

私のクライミングバイブルです。



全図解レスキューテクニック 初級編

もういっちょ これも堤さんです。

救助方法に関しては恐らくこれ以上は無いと思います。



ジャヌー北壁

モンブランクラブ深田さんの若かれし頃の登山記です。(登場人物として)

今では想像できないくらい過酷な登山だったみたいです。



青春を山に賭けて

植村直己さんの本はほとんど全て読みましたがこの本が一番好きです。

植村直己さんはお会いした事は勿論無いのですが、いつもモンブランクラブのおじさん達から話を聞いているせいか、とても身近に感じる人なのです。 今生きてたら色々話を聞いてみたいですね。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々の鼻毛石
久々に鼻毛石を拝んで来ました。

立派な鼻毛が生えますようにと・・・

今日の鼻毛石も何時もと変わらず、、、、
ただただ、そこにいます。

hanage.jpg
<一見何の変哲の無い鼻毛石。>

しかし。。。

立派な鼻毛を拝もうと、向かって裏側にある鼻毛をのぞいた瞬間。

何と無い・・・・・っ!!!

あのモッサモッサした鼻毛が綺麗に消えている。

hanage2.jpg
<分かりにくいが鼻毛がないのさ。>

鼻毛が無ければただの石じゃん。

どうしたんだろう・・・心配になり石の周りをウロウロしていたら、近所のおじさんがこちらをじっと不審そうに見ている。。。。

決して私は不審者ではないと心の中で訴えながらも、しかし普通に見たら変だよな、と妙に納得。。。。

夏になったら立派な鼻毛が生えるのだろうか。
また立ち寄ろう。

スポンサーサイト

スキーの相棒1
私のスキーの相棒の一人です。。。

atomic.jpg
<補強材にチタンを使用。俗に言うメタル系スキー(死語)です。>


オーストリアにある(オーストラリアでない)アトミック社製のスキー(GS11)です。
リーゼンスラローム(大回転)競技用のスキー181cmを普段使っています。
もう普通のゲレンデ滑るのに競技用の強いスキーなんてまったく必要ありません。
今では競技スキーもやらなくなり。。。。。
なぜ履くかは、殆ど見栄を張るためです。
悲しい事にまだまだ若いつもりでいるのです。
年寄りの冷や汗です・・・・目も当てられません。

アトミックスキーは実は結構長い付き合いで、当然カービングスキーになる前のサンドイッチ構造(古い構造の事ね)の時代からの付き合いです。
当時はスラローム(回転競技)からダウンヒル(滑降競技)まで全てアトミックのスキーを使ってました。ちょっとしたメーカーのサポートがあったため、自分で選ぶ権利はまったく無いけど、適当に合った道具を使ってました。

アトミックスキーは伝統的にトップ(スキーの先端)に張りが強く、テール(スキーの一番後ろ)が柔軟で、結果として、ターンへの導入部分は難しいけど(ターンし辛い。一苦労)後半のスキーの抜け(走り)はずば抜けて速いです。
一言で言うとじゃじゃ馬って感じですかね。乗りこなせば速いが、気を抜くと落馬するような。。。

カービングスキーの時代になってからは大分おとなしくなりました。でも芯の強さは残っており、やはりちゃんと乗っていかないと上手く走りません。
このちょっと拗ねたところが、慣れると癖になるのです。

何だかんだ言っても一番好きなメーカーなのです。


最近はまっているもの
最近はまっているもの

それは

黒澤明+三船敏郎の映画・・・・・

勿論白黒映画です。

三船敏郎は3大好きな俳優の一人で、他に西田敏行、寺尾 聰が
います。

お前幾つだよって言われそうだけど、、、何故かカッコいいのです。
映画スターのオーラが出ているというか、特に三船敏郎の目力は物凄い迫力があります。最近ではこのようなタイプの俳優はなかなかいないと思います。

やっぱり三船敏郎がダントツ。
恐らく太刀捌きでは右に出る人はいないでしょう・・

最近見た三船敏郎の映画は
赤ひげ、用心棒、七人の侍、椿三十朗、隠し砦の三悪人

特に赤ひげがお勧め。

江戸時代(小石川療養所)の医者(新出去定)の役です。
貧しい民からには医療費は請求せず、裕福な人から法外な料金を請求する。権力には屈せず常に弱者の味方と言う見ていて気持ちよく、本当に人間味溢れる映画です。
あの三船敏郎の強面で医者の役だからそれだけでもユーモアがありますね。


mihune01.gif
<やっぱり何と言っても侍、特に浪人役が一番似合うよね。>

アランドロンがプロデュースした“SAMURAI”と言う香水があります。スイス製の香水で、以前に相方に買ってもらった者ですが、実は何と三船敏郎をイメージした香水だそうです。

さすが世界のMIFUNE。

その他にもスターウォーズのダースベーダー役に当初ジョージルーカスよりオファーが来てたとか・・・・
出演映画のリストを見ると恐ろしい程沢山の映画に出ており、日本映画だけではなく、海外の映画にも沢山出演しています。

まさしく映画スターだったんですね。。。。

また暇をみてDVD借りてこようかと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。