山とスキーの楽しい週末
プロフィール

ずんどこ

Author:ずんどこ
モンブランクラブ期待(?!)の若手ホープ
最近は嫁さんをもらい、最近おとなし気味。。



サイト記載内容に関する注意

このサイト内記載の情報に関して、行動及び結果を含め当方は一切の責任を負いません。 あくまでも自己責任の下ご活用ください。 山では"怪我と弁当は自分もち"ですから。



FC2ブログランキング

ブログランキング投票してね。

FC2ブログランキング

↑クリック!!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Fonネットワーク

Join the FON movement!
参加型ソーシャルネットワーク
私ブログ管理人もFoneroです。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



アクセスカウンター



アマゾン



全図解 クライミングテクニック

モンブランクラブ会員の堤信夫さんの著書です。

私のクライミングバイブルです。



全図解レスキューテクニック 初級編

もういっちょ これも堤さんです。

救助方法に関しては恐らくこれ以上は無いと思います。



ジャヌー北壁

モンブランクラブ深田さんの若かれし頃の登山記です。(登場人物として)

今では想像できないくらい過酷な登山だったみたいです。



青春を山に賭けて

植村直己さんの本はほとんど全て読みましたがこの本が一番好きです。

植村直己さんはお会いした事は勿論無いのですが、いつもモンブランクラブのおじさん達から話を聞いているせいか、とても身近に感じる人なのです。 今生きてたら色々話を聞いてみたいですね。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アルプスの若大将
とうとう見てしまいました。

アルプスの若大将。。

昔働いていたスキー学校の校長がこの映画にゲストとして出演しており、また、物語の舞台がツエルマットと日本の苗場ということで、以前から見ようと思っていたのです。。
ただ、なかなか借りる勇気がなく、時間ばかり過ぎてしまいました。

wakadaisho.jpg
<とても時代を感じる。。>

今この映画を見ると物語の展開や、ノリが見ていると何とも言えなく悲しい気分になります(ある意味新鮮)。。。
とても時代を感じました。

校長(園部勝)の若かれし頃が見え、よかったです。
やっぱり上手い人は時代に関係なく上手いのです。
滑り方は今の時代とは違うけど、とてもかっこよかったです。

また、40年前の苗場はこんな風だったのね。(僕の生まれる前だし)
結構閑散としていて、本当に山の中のスキー場って感じでした。


スポンサーサイト

3月18日 神立スキー
天候:雪(猛吹雪)
気温:最高-5度
積雪:170cm(スキー場発表)

今日は朝からひどい猛吹雪。。。。
酷い時には視界が20m位。
天気予報図を見ると、絵に描いたような西高東低の冬型の気圧配置。また、衛星写真を見ると久しぶりに見る、日本海上の筋状の雲。
天気が悪いのは分かっていたけど、今シーズン最後の積雪かもしれないと思いスキーに来たのです。

kandatsu_yuki.jpg
<いつものコブ斜面、どこがコブで、どこが吹き溜まりなのか当たって見なければ分からない状態。>


とにかく何も見えない・・・
好きな不整地も積雪によりコブなのか、吹き溜まりなのか分からない始末。(ちと苦労しました。)

けれども、3月中順でこの雪質は見方によればとてもラッキーだったのです。
場所によっては膝下くらいの深雪が楽しめ、今シーズンは諦めていた、神立で一番の急斜面、オリオンコースが何と本日はオープン、最高斜度45度はちょっと他では見当たりません。本当に急なのは出だしの少しの距離ですが、とっても斜面の緩い連絡通路から、いきなり45度に落ちるため精神的に急に感じる所なのです。(斜面をみて引き返す人は結構います。)
天気が悪いのも手伝い、このオリオンコースは貸切状態。。斜面状況は決して良くはなかったけど、諦めていたコースが滑れただけでも良しとしましょう。


kandatsu_yuki2.jpg
<一日中吹雪きました。気温はそれほどでもかなったけどね。>

天気が悪いため昼過ぎには引き上げようと思っていたけど、結局いつもと同じ最終の4時半まで滑ってしまいました。。




学習機能
以前神立にて大盛りのカレーを注文し、少し懲りたので、今回は普通盛りにしましした。


Curry.jpg
<今日はフィッシュフライカレー 確か800円 何故かいつもカレー。>

普通盛りでも結構な量。
味もなかなかで、一般的なスキー場の粗悪な食事とは全然違います。
他にも釜焼きピザや鉄板焼き、ラーメンなどなど、メニューも豊富でお勧めです。
ここでの食事は神立に来る理由の一つなのです。




3月4日 神立スキー
天候:晴れ(快晴)
気温:最高11度
積雪:110cm(スキー場発表)

兎に角不整地がきれいな日だった。トップからボトムまで3本くっきりと、一直線に出来たラインのきれいなコブ。気温の上昇と共に雪が緩みとても深いコブが出現。その為かボーダーの方たちのコブ斜面への滑走は余り見られず、スキーヤー達で刻まれたコブの為、とてもリズムが掴み易く、気持ちよい斜面だった。

kandatsu_kobu1.jpg
<折り重なるようなきれいなコブ。>

他の中斜面は緩んだ雪のため、ただの荒れ地のようになってしまいました。春のこの時期は仕方ないと思うけど、やっぱりきれいに整備された斜面を滑りたいよね。
パトロール達による硫安(*1)撒きが行われたのは午前11時位。この時間ではすでに雪は緩み、荒れた形がそのまま固まるので、ただ単純に滑りにくくなるだけなのですが。。スキー場側の融雪を防ぐ手段なのでしょう。前日にはすでに気温が高くなるのは分かっていたはずなので、朝の圧雪作業の時に撒けばよかったような気もします。まあ、硫安の効果も持続性がない為、朝撒いても昼前にもう一度撒かなくてはけないので、余計な経費がかかってしまうと言う事だと思います。

注* 硫安:本来は肥料。緩んだ雪を一時的に固めるために使用。特にアルペン競技では多用する。以前はスノーセメントという商品を使用していたが、高価な為、今では余り見かけない。また、一時期塩を撒く事もあったが、環境への影響から、これも現在使われていない。


kandatsu_kobu2.jpg
<下から見ても見事なコブ。天気もよく、最高のスキー日和>


今日は膝が笑ってしまう位不整地(コブ)を滑り込みました。とても充実した一日でした。

最後に、硫安を撒いた斜面を滑った後は良く水道水で板を洗っておきましょう。そのままにしておくと一晩でエッジがサビサビになってしまうので。



ノートPC
山ともスキーとも関係ないけど、最近ノートPCを買いました・・・

B5ファイルサイズPCで、IBM社製のX31と言うノートPCです。

デザインははっきり言って、カラスみたいでかっこよくないけど、頑丈な本体と、打ち込みやすいキーボードがとても良いです。特にキーボードの完成度は桁違です。

ibm.jpg
<何時も変わらぬIBMノート。業務用って感じ>


CPU:Pentium M 1.3GB HDD:20GB RAM:256MB VRAM:16MB CPUは良いけど、VRAM(*)が16MBは少し足りないかな?ワードでの文章作成がメインなので問題ないか。。。

*VRAM・・画面を表示するために使用するメモリの事。動画とかを表示するには多くのVRAMの領域が必要。因みに最新のWindows VISTA は原則128MB以上必要。

スペック(性能)を見て気付いた人もいると思うけど、これは現行モデルではありません。秋葉で探しに探して見つけた中古PCなのです。機種は最初から限定で考えていたので、後は自分の足で探すようにしました。X31以降のモデルX40,X60シリーズはHDD(ハードディクス)が1.8インチになってしまうので、汎用性に乏しく、どうしてもX31が欲しかったのです。。

最近秋葉の地理に詳しくなってしまい、、、ちょっとやばいかも知れません・・

自分では、春風のように爽やかで、ナイスなサラリーマンだと勘違いしてるのですが・・・




神立でのランチ
余談だけど、神立での昼休み。
ゲレ食(もう死語かな?)にてスキー場定番のカレーライスを注文するとき、今日はお腹がすいていたため大盛りにて注文をしました。

そうしたら

出てきたのが、超大盛りのカレー。
ライスもカレールウもこぼれそうなくらいの大盛り。

kandatsu_lunch.jpg
<から揚げカレーです。>

マジで食べ過ぎた・・・・

でも、普通のスキー場ではこんなサービスのいいところはあまりないかも。
食券を買うのに少し待つ必要があるけど(行列が出来るため)総合的に見てとても良いスキー場です。

次は間違いなく普通盛のまま注文しよう。



パインリッジリゾート神立
今週末は神立に行ってきました。。

ここは湯沢エリアで一番好きなスキー場です。

本日の雪質は10cmほど積もった新雪による圧雪。急斜面不整地(コブ)はアイスバーン。
雪不足ながらも全体的に均一に積雪があるため、滑走には問題なし。

kandatsu3.jpg


この日はとても体の調子が良いためか、目覚ましより早く起きてしまいました。(朝5時起床)
休日の神立は朝6時半より営業を開始しているので、そのまま準備を始め、滑り始めたのが7時丁度。
何だかとても体が軽く、膝の調子もとても良いみたいです。
アイスバーンの硬いコブ斜面は最近寄り付かなくなったのですが、(痛いから)今日は別。何本滑ったか分からない位(多分15本以上はいったかな。)バカみたいに滑りとおした・・・・

結局夕方4時までぶっ通し。
休んだ時間と言えば昼食で取った40分とリフト乗車時間のみ。
でも殆ど疲れを感じず。。恐ろしい位体が軽く感じた一日でした。

少し若くなったのかもしれません。。。(もろ願望)

kandatsu2.jpg
<スキー場最上部。コブは少ないが、完全な不整地。>

本当に神立はいいスキー場です。

ここは良い思いでが多く、何故だかいつも天気に恵まれます。
今日も抜けるような青空が広がり、最高のスキー日和でした。

来週も来ようかな?


kandatsu1.jpg
<開放感のある展望も神立の特徴。とても明るいスキー場です>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。