山とスキーの楽しい週末
プロフィール

ずんどこ

Author:ずんどこ
モンブランクラブ期待(?!)の若手ホープ
最近は嫁さんをもらい、最近おとなし気味。。



サイト記載内容に関する注意

このサイト内記載の情報に関して、行動及び結果を含め当方は一切の責任を負いません。 あくまでも自己責任の下ご活用ください。 山では"怪我と弁当は自分もち"ですから。



FC2ブログランキング

ブログランキング投票してね。

FC2ブログランキング

↑クリック!!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Fonネットワーク

Join the FON movement!
参加型ソーシャルネットワーク
私ブログ管理人もFoneroです。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



アクセスカウンター



アマゾン



全図解 クライミングテクニック

モンブランクラブ会員の堤信夫さんの著書です。

私のクライミングバイブルです。



全図解レスキューテクニック 初級編

もういっちょ これも堤さんです。

救助方法に関しては恐らくこれ以上は無いと思います。



ジャヌー北壁

モンブランクラブ深田さんの若かれし頃の登山記です。(登場人物として)

今では想像できないくらい過酷な登山だったみたいです。



青春を山に賭けて

植村直己さんの本はほとんど全て読みましたがこの本が一番好きです。

植村直己さんはお会いした事は勿論無いのですが、いつもモンブランクラブのおじさん達から話を聞いているせいか、とても身近に感じる人なのです。 今生きてたら色々話を聞いてみたいですね。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おっさん学生
今年の四月よりなんと晴れておっさん学生になりました。
市ヶ谷にある大学の通信課程として入学です。

通信課程といっても全体の単位のかなりの割合を実際に授業に参加して取得する必要があり、現在は夜の授業に参加しています。
会社の定時が6時、授業開始が6時半。終業と共に即効ダッシュです。

授業以外で取得する科目は、大学から提示された課題に対してレポートを提出。試験と全てのレポートに合格して、単位を取得します。

現在は文学の授業を受け、同時に日本史のレポートも作成しています。(一応文学部史学科なので・・・)

初めから分かってはいたけど、時間の管理が結構大変です。

そこで次のルールで当分は勉強を進めていこうと思ってます。
①学習日は平日2~3日
②週末は土日のどちらか一日
③自宅ではあらゆる誘惑が多いため、大学の図書館で勉強を行う。
④最低4年以上在学し、長丁場になるので、続ける事を第一にしていく。

本当に大変なのはこれからですが、あきらめずにコツコツとやっていけば、きっと卒業できると思います。

山とスキー・仕事と仲間。全てを上手くこなす事が、これからの課題です。



スポンサーサイト

今シーズン初の苗場スキー場
苗場に行ってきました。
何と今日が今シーズン初です。
メインシーズンはとっくに終わっています。

前にも少し記事を書いたことあるのですが、苗場は昔の職場でもあるのです。
輝く汗と、はじける青春の思い出の詰った場所です。

久々に当時の仲間に電話したら、未だに現役で働いていると言う事で、久しぶりに彼らに会いに、また、スキーもついでに(!?)楽しんで来ようと言う事に。。。

2007年4月15日のゲレンデ状況。
積雪100cm 気温10度 雪質 思いっきり湿雪

2007041603.jpg
<ホテル前から見た第三ゲレンデ。意外とまともに滑れる。思ったより積雪あったかも>

通常営業は4月の第一週で終了。お客さんもまばらで、一気に閑古鳥スポット化してしまいます。
でも何気にこの時期の苗場は、とても好きです。
春の陽気に包まれ、風は気持ちよく、人がいないゲレンデを滑ることが出来るのは、この限られた時期だけです。
今日は天気がとても良く、楽しいスキーが出来ました。


2007041602.jpg
<山頂から平標山、谷川岳を望む。天気も良く外国のような景色>

昼休みには昔の仲間とスクール事務所にて、買ってきた弁当を食べながら昔話に花が咲きました。(それ以外の時間、一応彼らには仕事があるので。)
もう皆結構おっさんです。
結婚して子供がいたり。。。。
僕の現役時代では考えられない事です。。彼が父親だなんてね。。(当時はお互い二十歳前後の小僧・・)
でも皆少しずつ年を取っていくのです。
仕方ないのです。

でも、仲間って本当にいいもんだと、改めて思いました。
何時間でもくだらない話ができ、笑いが絶えない時を過ごせます。


2007041601.jpg
<緑と白のコントラストがこの時期だけ見れる特徴・大斜面からの眺め>


ゴールデンウィークには一升瓶もって、また苗場に行こうかな。



ニュージーランドの若大将
またまた見てしまった・・・
若大将シリーズ。

今回は「ニュージーランドの若大将」。
ロケ地はオーストラリアのシドニー、東京、ニュージーランドのオークランド、マウントクックです。
 
まだ海外旅行が一般的でないこの時代の映画は、なんとなく海外に対する憧れと、夢を感じさせてくれます。

NZwakadaisho.jpg
<若大将も少し年を取ったみたい・・>

今は無きパンナム航空(Pan American World Airways)がスポンサーと言う事でスクリーンにも機体が出てきます。ちょっとマニアックな話ですが、地球儀をモチーフにした航空会社のロゴと、ボーイング707という機材がとても懐かしさを感じさせてくれます。

物語はいつものパターンで、とても安心して見る事ができます。青大将(田中邦衛)とのマドンナの争奪戦の後、必ずハッピーエンドになるお決まりのパターン。


どうでも良いけど、今回のマドンナは2代目酒井和歌子。でも個人的には初代の星由里子の方がよかったな。あの上品な雰囲気を持った女優さんは今ではあまりいないと思います。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。