山とスキーの楽しい週末
プロフィール

ずんどこ

Author:ずんどこ
モンブランクラブ期待(?!)の若手ホープ
最近は嫁さんをもらい、最近おとなし気味。。



サイト記載内容に関する注意

このサイト内記載の情報に関して、行動及び結果を含め当方は一切の責任を負いません。 あくまでも自己責任の下ご活用ください。 山では"怪我と弁当は自分もち"ですから。



FC2ブログランキング

ブログランキング投票してね。

FC2ブログランキング

↑クリック!!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Fonネットワーク

Join the FON movement!
参加型ソーシャルネットワーク
私ブログ管理人もFoneroです。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



アクセスカウンター



アマゾン



全図解 クライミングテクニック

モンブランクラブ会員の堤信夫さんの著書です。

私のクライミングバイブルです。



全図解レスキューテクニック 初級編

もういっちょ これも堤さんです。

救助方法に関しては恐らくこれ以上は無いと思います。



ジャヌー北壁

モンブランクラブ深田さんの若かれし頃の登山記です。(登場人物として)

今では想像できないくらい過酷な登山だったみたいです。



青春を山に賭けて

植村直己さんの本はほとんど全て読みましたがこの本が一番好きです。

植村直己さんはお会いした事は勿論無いのですが、いつもモンブランクラブのおじさん達から話を聞いているせいか、とても身近に感じる人なのです。 今生きてたら色々話を聞いてみたいですね。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南木曽バスツアー その1
この週末は久々にバス旅行に行ってきました。

これはただのバス旅行ではなく、個人的な知り合いである、通訳会社のオーナーの方からのお誘いで、その会社の研修旅行に参加してきました。

この通訳会社の名は「(LCC)ル・クルブ・コスモポリット」http://www.leclubcosmopolite.com/index.html
といいます。主にフランス語通訳の会社なのですが、他にも英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語などマルチに活動しており、年々活動の幅を広げているため、今後の展開が楽しみです。

このLCCオーナーの篠崎さんとは会社設立前からの知り合いで、日本モンブランクラブのイベントで過去に何度かフランスよりお客さんをお招きしたした時には、あくまでも友人として来てもらい、そのままタダで通訳をしてもらった経緯がある為、僕個人としては頭の上がらない方なのです。

今回の目的地は南木曽。妻籠・馬篭の宿場町への旅です。実は僕は三河で生まれ、その後名古屋に引越しをしているのですが(現在千葉在住)南木曽は子供の頃よく行った思い出の詰まった場所なのです。

朝7:45に新宿を出発、お昼前には最初の目的地「奈良井宿」へ到着。

2007082701.jpg
<落ち着いた雰囲気の奈良井宿。いきなりタイムスリップしたかのよう>

知名度はあまり無いのですが、とても落ち着いた雰囲気の中で古い町並みがとても美しく、綺麗なところでした。

ここで昼食をとり(勿論信州そばを食べました)次に向かったのが、浦島太郎伝説の「寝覚ノ床」です。
2007082702.jpg
<幻想的な風景、不思議な場所です。>

ここはかの浦島太郎が玉手箱を開けてしまった場所で、一気に300歳になってしまった所なのです。その後太郎さんは余生をここで過ごしたそうです。

この「寝覚ノ床」のもう一つの目玉は、ずばり日本一の五平餅です。
そのお店の名は「中村食堂」
http://www.rock.sannet.ne.jp/gohei-nakamura/index.html

ここは僕が子供の頃よく通ったお店で、ここの五平餅は自称五平餅評論家して間違いなく日本一です。
個人的には浦島太郎より五平餅なのです。

あくまでも僕のリクエストだったのですが、バス一台分の人数で予約もしないでいきなり全員で駆けつけました。それでもちゃんと対応してくれ、美味しい五平餅を全員分焼いてくれました。
久しぶりの五平餅は本当に美味しかった・・・・10本はいけます。勿論別腹。

2007082703.jpg
<子供の頃と変わらないお店。懐かしかったです。>

2007082704.jpg
<これが日本一の五平餅。本当においしい、何本でもいけます。>

その後、桃介橋を見学し、本日の宿泊場所である「馬篭」に到着。
ここも本当に江戸時代にタイムスリップしたかの様なとても伝統美に溢れる場所です。

2007082707.jpg
<日本の伝統的な美しさです。とても落ち着きます>

本日の宿泊先は「但馬屋」。昔の建物を利用した宿場町の正しいお宿です。

2007082705.jpg
<但馬屋の外観。いい雰囲気でしょ?>


2007082706.jpg
<夕食はこんな感じ。とても美味しかったです。>

夕食の後は皆でお酒を飲みながら、話が盛り上がり、ゆっくりとした時間が過ぎていきました。



スポンサーサイト

小川山合宿
週末の土日と月曜も会社を休み、3日間長野県と山梨県の県境にある小川山にモンブランクラブのクライミング合宿として参加してきました。

この小川山はクライミングのメッカであり、それこそ全国からクライマーが集ってきます。

岩の特徴と言えば、ずばり「スラブ」。

スラブとは滑らかな一枚岩のことで、言い換えればホールドが乏しく、苦しいルートが多いのが特徴なのです。

ただ岩質は花崗岩のため、かなりしっかりしており、また、プロテクションも(岩に打ち込んであるピン)ペツル社のを使用しているため抜ける心配が少なく、安全性は比較的高くなっています。三ッ峠あたりにあるような残置ハーケンなんかは本当に抜けないかビクビクしながら登ることがあるので、この点はとても大きいです。


2007080903.jpg
<見ての通りのツルツルな一枚岩。指の第一関節にも満たないホールドが大半>

金曜の深夜には現地入りし、土曜は夜明けと共に行動開始、夕方までみっちり登り詰めて夜は大宴会・・・・・

勿論日曜も同じパターン。。。。

さすがに月曜の3日目は詰めて登ったせいか、指に痛みを感じるようになってきました。。。
元々重量級クライマーなのでかなり指を酷使したようです。



2007080901.jpg
<超人気ルート「小川山ストーリー」も今日は貸切状態。岩の状態も天気も最高。>

何時もなら山のおじさんたちは我先にと、トップで登りザイルを張って行く事が多いのですが、今回は何度かトップをやらせてくれました。。。(リードクライミングのこと)

上部に支点の在るトップロープの場合、落ちてもすぐにザイルが張られ大したこと無いのですが、外の岩場でのリードクライミングは絶対に「落ちて」はいけないのです。と言うのは常にザイルは自分より下にあり、落ちると現在の位置からカラビナで固定している位置までの2倍の距離落下するため、たとえプロテクションが抜けなくても岩に叩き付けられたり、岩の突起に当たったりして怪我をすることが多いのです。小川山はプロテクションの間隔が遠く、落ちる距離が大きいのです。
また、何と言ってもそれだけの距離を落下するのはとても恐ろしいです。室内のクライミングジムとは違い、高度感が違います。個人的には遊園地のフリーフォールより恐ろしいです。。

落ちないよう慎重に登り、何とか一度も落っこちる事無く無事勤めを果たしました。。
リードクライミングは本当に緊張します。。。



2007080902.jpg
<マガスラブのルート。上部のハング部分の乗り越しにえらい苦労しました。>

今回はみっちり登りつめ、宴会もやり、えらく充実した3日間でした。





学生コンパ
人生で初めて「学生コンパ」なるものに参加してみました。

これは私の大学の通信課程学生を対象に毎年開かれている一種の交流会なのですが、どんな人達がいるのかとても興味があり参加してみました。

とても意外だったのですが、私と同世代の社会人の多さにとても驚きました。中にはアメリカの有名大学を卒業していたり、航空会社の特殊業務についたりしている、世間一般で言う「エリート」と言われる人達や、超マッチョの元ボディビルダーがいたり・・・
勿論、ごく普通のサラリーマン・OLさんが大多数でしたが、社会的な地位の垣根はここでは感じられませんでした。
その中で共通して言えたのは、とてもポジティブな人達が多かった事です。

前向きな話の中で盛り上がり、一気に沢山の人達と知り合いになれました。
その中の数名はその後頻繁なメール交換を始めており、とても仲良くなれそうです。

仕事をしながら大学に通うのはとても孤独です。
しかし同じ境遇の人達と知り合えた事は、私にとって、とても大きな勇気が得られ、また励まされました。

本当に有意義な「学生コンパ」でした。



ロッテマリーンズ
とても久しぶりに野球観戦に行ってきました。

以前家の近所に在るブジヂストン系のタイヤ販売店「タイヤ館」にて新品タイヤを4本買ったところ、丁度キャンペーン中という事でマリンスタジアムでの観戦チケットが当たってしまいました。

試合はロッテマリーンズ対楽天イーグルス。
試合結果は1対0で、残念ながら地元のマリーンズが負けてしまいましたが、夏の夜風に吹かれながら、ビールを片手に野球観戦も中々良いものだと思いました。

2007080103.jpg
<1塁側内野席で、かなり前側のとてもいい席でした。>

実はこのロッテマリーンズ、私の地元のチームなのです。
マリンスタジアムも自転車ですぐにいける距離にあるのですが、何と入場したのは今回で2度目です。

テレビで野球観戦は滅多にしないのですが、スタジアムで観戦すると何故か力が入ってしまいます。
どうせなら、地元のチームに勝ってもらいたいですよね。




2週連続でインドアクライミング
ここの所ずっと天気予報が悪かったため、2週連続でインドアクライミングに通いました。
場所はいつものT-WALL(東京都・錦糸町)です。

2007080101.jpg



とにかく、外の岩に取り付きたいです。。。

仕方ないので、室内では考え方を変え、純粋に練習に専念しました。
通常一本登ったら交代するのですが、この日は空いていたため、3~5本連続で登ったり、オーバーハングの本数を増やしたり、とにかくトレーニングに専念しました。

最近体重のコントロールに気をつけているせいか、以前より少し登るスピードがアップしたような気がします。。
現状維持が結構大変です。

2007080102.jpg
<ボルダリングも充実。あまりやらないけどね。>

今週末は小川山に集中山行です。
3日連続でクライミングです。

台風が近づいているようですが・・・・・・
ちょっと心配です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。