山とスキーの楽しい週末
プロフィール

ずんどこ

Author:ずんどこ
モンブランクラブ期待(?!)の若手ホープ
最近は嫁さんをもらい、最近おとなし気味。。



サイト記載内容に関する注意

このサイト内記載の情報に関して、行動及び結果を含め当方は一切の責任を負いません。 あくまでも自己責任の下ご活用ください。 山では"怪我と弁当は自分もち"ですから。



FC2ブログランキング

ブログランキング投票してね。

FC2ブログランキング

↑クリック!!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Fonネットワーク

Join the FON movement!
参加型ソーシャルネットワーク
私ブログ管理人もFoneroです。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



アクセスカウンター



アマゾン



全図解 クライミングテクニック

モンブランクラブ会員の堤信夫さんの著書です。

私のクライミングバイブルです。



全図解レスキューテクニック 初級編

もういっちょ これも堤さんです。

救助方法に関しては恐らくこれ以上は無いと思います。



ジャヌー北壁

モンブランクラブ深田さんの若かれし頃の登山記です。(登場人物として)

今では想像できないくらい過酷な登山だったみたいです。



青春を山に賭けて

植村直己さんの本はほとんど全て読みましたがこの本が一番好きです。

植村直己さんはお会いした事は勿論無いのですが、いつもモンブランクラブのおじさん達から話を聞いているせいか、とても身近に感じる人なのです。 今生きてたら色々話を聞いてみたいですね。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モンブラン登山/ニ・デーグルまで
モンブラン山頂までの第一歩として登山のスタート地点であるNid d'Aigle(ニ・デーグル)までの道のりをご紹介します。

まず最初はシャモニー市内からバス若しくはタクシーにてLes Houches(レズーシュ)まで行きます(バスは同じくLes Houches行き)。レズーシュはスキー場なのですが、夏はロープウェイのみ営業しており、これに乗ります。朝一番はとても混みますので早めにチケットは購入しておいて下さい。
ちなみに、このロープウェイ乗り場には無料の駐車場があります。レンタカーを借りていればとても便利です。(レンタカーはお勧めです。但し荷物は一切車内に残さない事)

20060425004754.jpg
<レズーシュのロープウェイ乗り場>

ロープウェイのBellevue(ベルビュー)山頂駅に着いたら、モンブラン登山鉄道(Tramway du Mont-Blanc)の駅まで数分歩きます。駅では駅員さんが電車の時間に合わせて一人いますが、必ず往復チケットを買うようにしてください。なぜなら帰りの電車に乗るときにハイキングのお客さんに紛れチケット買うのに長蛇の列を並ぶことがあるからです。下山してきてこれは正直しんどいですよ。

20060425005900.jpg
<ベルビューの登山鉄道駅>

来た電車に乗ったら終点のNid d'Aigle(ニ・デーグル)駅まで行きます。
ここはすでに標高2386m。ちょうど富士山の5合目くらいの高さなのです。はやる気持ちを抑え、一呼吸整えてこれから始まるモンブラン山頂までの長い道のりに備えましょう。

20060425010646.jpg
<ニ・デーグル駅 モンブラン以外の登山客も多く意外と賑やか>
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chamonix.blog52.fc2.com/tb.php/24-15782ffa



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。