山とスキーの楽しい週末
プロフィール

ずんどこ

Author:ずんどこ
モンブランクラブ期待(?!)の若手ホープ
最近は嫁さんをもらい、最近おとなし気味。。



サイト記載内容に関する注意

このサイト内記載の情報に関して、行動及び結果を含め当方は一切の責任を負いません。 あくまでも自己責任の下ご活用ください。 山では"怪我と弁当は自分もち"ですから。



FC2ブログランキング

ブログランキング投票してね。

FC2ブログランキング

↑クリック!!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Fonネットワーク

Join the FON movement!
参加型ソーシャルネットワーク
私ブログ管理人もFoneroです。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



アクセスカウンター



アマゾン



全図解 クライミングテクニック

モンブランクラブ会員の堤信夫さんの著書です。

私のクライミングバイブルです。



全図解レスキューテクニック 初級編

もういっちょ これも堤さんです。

救助方法に関しては恐らくこれ以上は無いと思います。



ジャヌー北壁

モンブランクラブ深田さんの若かれし頃の登山記です。(登場人物として)

今では想像できないくらい過酷な登山だったみたいです。



青春を山に賭けて

植村直己さんの本はほとんど全て読みましたがこの本が一番好きです。

植村直己さんはお会いした事は勿論無いのですが、いつもモンブランクラブのおじさん達から話を聞いているせいか、とても身近に感じる人なのです。 今生きてたら色々話を聞いてみたいですね。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モンブラン登山/登山ルート概要
モンブラン登山電車終点Nid d'Aigle(ニ・デーグル)駅からがモンブラン登山(一般的なグーテルート)の始まりとなります。山頂までの道のりの概要は大きく分けて4つのブロックに分けられます。それぞれの特徴は以下のとおりになります。

①一般登山部
  ニ・デーグル(2,386m)~ テートルース小屋(3,167m)
  砂礫帯登山ルートをひたすら登る。危険な箇所は少ないが、
  体が慣れていないため結構きつい。

②岩稜帯登高部
  テートルース(3,167m)~ 大クーロワール ~ グーテ小屋(3,817m)
  トラバース時の落石、岩稜登高時は滑落の危険が常に伴う危険地帯

③雪原帯登山部
  グーテ小屋(3,817m)~ ドームデュグーテ(4,240m)~ バロ非難小屋(4,362m)
  目標物が非常に乏しく、天候の急変と共にルートファイディングが非常に困難になる。

④急峻な雪稜登高部
  バロ非難小屋(4,362m)~ ボス山稜(4,513m)~ モンブラン山頂(4,810m)
  常に強風、ナイフリッジ、希薄な空気の中での急峻な登高。非常に苦しい。

天候に恵まれればモンブランは景色、スケール共にとても素晴らしい登山を楽しめると思いますが、天候の急変と共に一気に修羅場を迎えることになります。シャモニーガイドと共に登れば問題ないのですが、個人山行の際には特に天候に注意してください。

上記各部分は次回以降詳しく紹介していきます。

P1010611_01.jpg


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
モンブラン山頂にいぎだいよぉ~
【2006/04/28 12:17】 URL | しー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chamonix.blog52.fc2.com/tb.php/25-270d7f62



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。