山とスキーの楽しい週末
プロフィール

ずんどこ

Author:ずんどこ
モンブランクラブ期待(?!)の若手ホープ
最近は嫁さんをもらい、最近おとなし気味。。



サイト記載内容に関する注意

このサイト内記載の情報に関して、行動及び結果を含め当方は一切の責任を負いません。 あくまでも自己責任の下ご活用ください。 山では"怪我と弁当は自分もち"ですから。



FC2ブログランキング

ブログランキング投票してね。

FC2ブログランキング

↑クリック!!



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Fonネットワーク

Join the FON movement!
参加型ソーシャルネットワーク
私ブログ管理人もFoneroです。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



アクセスカウンター



アマゾン



全図解 クライミングテクニック

モンブランクラブ会員の堤信夫さんの著書です。

私のクライミングバイブルです。



全図解レスキューテクニック 初級編

もういっちょ これも堤さんです。

救助方法に関しては恐らくこれ以上は無いと思います。



ジャヌー北壁

モンブランクラブ深田さんの若かれし頃の登山記です。(登場人物として)

今では想像できないくらい過酷な登山だったみたいです。



青春を山に賭けて

植村直己さんの本はほとんど全て読みましたがこの本が一番好きです。

植村直己さんはお会いした事は勿論無いのですが、いつもモンブランクラブのおじさん達から話を聞いているせいか、とても身近に感じる人なのです。 今生きてたら色々話を聞いてみたいですね。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北アルプス 縦走 初日
中房温泉に朝6時に到着し、荷物の整理と朝食を食べたら早速登山開始。北アルプス3大バカ登りの合戦尾根にすぐに差し掛かる。
バカ登りと言ったものの意外にも登山道は整備されており、結構登高は快適でした。途中の合戦小屋では名物の"すいか"を相方にご馳走になり(ほんとに美味しかった。)、そのまま一気に燕岳へ。

tubakuro.jpg
<燕岳(2763m)風化した白い花崗岩が特徴 個人的に好きな山のひとつ。>


iruka.jpg
<山の中腹には通称"イルカ岩"といわれる岩があります・・何と言おうと、どこから見てもイルカ>

燕岳の山頂で一休みしたらそのまま一路大天井岳へ。到着する頃から天気が悪化し、赤岩岳に差し掛かる頃には本降りに・・・
雨の中テンション下がり気味のなかトボトボと歩いていると近くの岩陰になにやら動くものが・・よく見ると雷鳥の群れがすぐ足元に。。


raicho.jpg
<少し見にくいかな・・・一応雷鳥です・・>

出会った最初の群れは4羽、その後に他の群れにも遭遇し、そこは3羽、西岳の麓でさらに遭遇し、ここでは2羽。計9羽見ることができ、天気が悪いながらも何か得した気分でした。
西岳でテントを張り本日の登山終了です。本日の行動時間は少し長めの10時間。小屋で仕入れたビールが最高でした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
先週のことなのに、懐かしいわ~(^^)

楽しかったね。

続きのお話もお待ちしています。
【2006/09/06 10:49】 URL | しー(相方) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chamonix.blog52.fc2.com/tb.php/42-a1dbd1a0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。